IPO株の「申し込み▶抽選▶上場」までの流れを解説します!

IPOの手順を解説IPO

IPOの申し込み▶抽選▶上場までの流れと手続きがいまいちわかりません。

サラリーマン 峰部長
サラリーマン
峰部長

証券会社によってもIPO申し込みの流れが異なるのでわかりにくいよね。
多くの証券会社が採用している基本パターンを覚えてしまえばざっくり流れを理解することができますので、解説します!

今回のブログ記事を読むことによって、IPOの基本的な流れを理解でき、各々のタイミングで何をしなければならないか?がわかるようになります。流れを覚えてIPOの申し込み漏れなどを起こさないようにしましょう!

筆者はこんな人

上場企業の部長職。40代。健全な家計と豊かな資産を形成をするために、マネーリテラシーを高めて成果を最大化する事を常に考えています。
IPO成績 2016年~3年間で、IPO 累計利益787万円 当選数38件
IPO当選銘柄は全て初値売却をするmyルールによって、通算38勝0敗(勝率100%)
毎年の家族旅行はIPO利益を使って豪遊旅行をしています。
IPOから最高に恩恵を受けている私が丁寧に解説します。ぜひご参考になさって下さい。

最近の当選実績(SBI証券)

当選IPOを初値で売却し一瞬で53万円の利益計上!これがIPOの破壊力です

当選したIPOを初値で売却して一瞬で多額の利益計上!これがIPOの破壊力です!(^^)!

★関連記事 『【IPO】儲かる理由は「売り方」にあり!(初値売りで勝率アップ)』作成中

IPOの『申し込み▶抽選▶上場』の基本的な流れ

IPOの流れは、証券会社によってルールが微妙に違ったりします。
この記事では、最も一般的な申し込みの流れを解説します!

証券会社ごとのIPOルールについては、別記事にて紹介(下記リンクあり)しますので関連記事をご確認下さい。

①申し込み(ブックビルディング)

 証券会社に対してIPO株の取得を申し込むことをブックビルディングと言います。ブックビルディングをすることによって、IPO株の抽選に参加できます。

【証券会社によっての違い】
① ブックビルディング時に、資金の入金(口座残高)が必要か不要かに分かれます。
② 資金の入金が必要な証券会社において、該当IPO株の必要資金(仮条件価格上限額)について資金拘束されるか、資金拘束されないかに分かれます。

②抽選

IPO株ごとに定められた抽選日に「当選」「落選」「補欠当選」が判明します。
当選した場合は「購入申込」を行います。落選の場合は、あきらめて次のIPO株を申し込みましょう!(+o+)  

ブックビルディング時に資金の入金が不要だった証券会社において、抽選時に入金が必要な証券会社と、不要な(当選後で良い)証券会社に分かれます。
抽選における当選確率が気になりますよね?
ほとんどが落選です!(+_+) 何十連敗なんて当たり前。
それでも粘り強く継続できるかがIPO投資の成否を分けるポイントです!   

③上場

IPO株に当選して購入申込した後は、上場日がただ待ち遠しくなります。
なお、初値売りで売却する場合、上場日の朝9時までに売り注文を出します。

★関連記事 『【IPO】儲かる理由は「売り方」にあり!(初値売りで勝率アップ)』作成中

サラリーマン 峰部長
サラリーマン
峰部長

今回は、IPOに参加する際の基本の流れを解説しました。次のステップは、証券会社ごとに、IPOルールを理解しよう!

【関連記事】IPOルールの詳細(証券会社別)

IPOルールは証券会社ごとに微妙に異なっています。証券会社ごとのIPOルール解説記事をご確認下さい。
★関連記事 『IPOに必須!●●証券の特徴と差別化ポイント!』(作成中)
★関連記事 『IPOに必須!●●証券の特徴と差別化ポイント!』(作成中)
★関連記事 『IPOに必須!●●証券の特徴と差別化ポイント!』(作成中)

IPO投資に必須の証券会社への口座開設はこちら

IPO投資は「主幹事」の証券会社から申し込むと当選しやすくなります。
その為、ここに掲載していない証券会社も含めて、出来る限り多くの証券会社に口座開設をしておくことが鉄則です。口座開設は全て無料です!(^^)! ※私自身はIPO実績のあるほぼすべての証券会社の口座を持っていますよ。

 松井証券   【DMM 株】口座開設 

IPOの理解をもっと深めたいに人はこの一冊!

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました