【IPO投資】入金不要で抽選に参加できる証券会社に口座開設しよう!

【IPO投資】入金不要で抽選に参加できる証券会社に口座開設しよう!IPO
英語学び直し検討中
 

IPO投資を始めてみたいのですが、資金がまだ充分にありません。
それでもIPO投資は参加可能でしょうか?

サラリーマン 峰部長
みね部長

IPOを申込する時点で口座へ入金不要な証券会社で口座開設しましょう!
そうすることで、資金がなくてもIPOの抽選に参加できますよ。

今回のブログ記事を読むことによって、IPOへの参加資金が充分になくても始めることができる、ありがたい証券会社がどこなのか、わかるようになります。
IPO申込資金が不要なので、真っ先に新規口座開設を行って、さっそくIPOに参加しましょう!(^^)!

筆者はこんな人

上場企業の部長職。40代。健全な家計と豊かな資産を形成をするために、マネーリテラシーを高めて成果を最大化する事を常に考えています。
IPO成績 2016年~3年間で、IPO 累計利益787万円 当選数38件
IPO当選銘柄は全て初値売却をするmyルールによって、通算38勝0敗(勝率100%)。
毎年の家族旅行はIPO利益を使って豪遊旅行をしています。
IPOから最高に恩恵を受けている私が丁寧に解説します。ぜひご参考になさって下さい。

最近の当選実績(SBI証券)

一撃537,000円の利益を叩き出した19年12月のIPO「BuySell Technologies」です(^^)/

当選IPOを初値で売却し一瞬で53万円の利益計上!これがIPOの破壊力です
当選IPOを初値で売却し一瞬で53万円の利益計上!これがIPOの破壊力です

当選したIPOを初値で売却して一瞬で多額の利益計上!これがIPOの破壊力です!(^^)!

証券会社によって異なるIPO投資への参加ルール

さぁ、武勇伝はほどほどに本題へ(*^-^;)

IPO抽選参加時に資金の入金が必要か不要か

これが非常に大きなポイントです。
入金不要の証券会社なら、口座開設さえしていれば誰でもIPOに参加できますよ!
まだ充分な投資用資金がない方は、抽選参加時に入金不要の証券会社から申込みましょう!

IPO抽選参加時は入金不要の証券会社(※入金は当選時のみでOK) 

今回の記事は、資金が充分にない人のために書いていますので、このカテゴリーに属する証券会社をオススメしています!
IPOの抽選参加時に1円も必要ありませんので、とにかく口座開設をしてIPO申込に参加してみましょう!

松井証券      → IPO取扱が多いため必須
岡三オンライン証券 → IPO取扱が多いため必須
野村証券      → IPO取扱が多いものの口座数が多く競争率高いが必須
ライブスター証券  → IPO取扱が少ないが、だからこそ競争率低くて穴場
GMOクリック証券 → IPO取扱が少ないが、だからこそ競争率低くて穴場

IPO抽選参加時は入金不要だが、抽選日までに入金が必要な証券会社

SBI証券  → IPO取扱が非常に多く必須。ただ資金力がないと当選は厳しい…
東海東京証券 → IPO取扱が多いが、抽選のたびに資金の入金が必要

IPO抽選参加時点で入金が必要な証券会社

ここのカテゴリーはある程度の資金力が必要です。証券口座に残高がない場合、抽選申し込み(ブックビルディングと言います)さえできません。

マネックス証券 SMBC日興証券 大和証券 みずほ証券 三菱UFJMS証券
大手ばかりです(笑)。IPOの取り扱い件数は非常に多いところばかりですので、資金力があるという方は、口座開設をしてIPOに活用しましょう!

まとめ

IPOで当選する確率を高める鉄則

それは、取扱いがあるすべての証券会社から申込すること!

IPOの抽選に参加しないことには当選することは絶対にありません。
資金力の有無に関わらず、抽選参加時に入金不要な証券会社は、全ての証券会社から必ず申し込みを行いましょう!その行為がIPOへの当選確率を確実に高めるからです。
資金力が充分でないうちは、入金不要の証券会社から始めてみるのが得策ですよ。

口座開設には日数がかかるのでできるだけ早く

結構、手続きは面倒くさいですよ。
でもその先にIPO投資の利益が待っていると考えると頑張れます!(^^)!

サラリーマン 峰部長
みね部長

成功の秘訣は以下の通り!

「成功するには行動あるのみ!(知識だけでは何も生み出さない)」

口座開設おすすめ証券会社(※申込時に入金不要)

 

★IPO投資 関連記事
『IPOの始め方!初心者にもわかる始め方を解説します!』はこちら
https://blog-salaryman-minebucho.com/ipo-hajimekata/

IPOの理解をもっと深めたいに人はこの一冊!

サラリーマン 峰部長
みね部長

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!!
今後も有益な記事を書いていきますのでフォローお願いします!

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました