【IPOに必須】マネックス証券のIPOルールを解説!(即時入金が神)

ネット個人投資家に優しい!マネックス証券IPO

IPO投資は証券会社によって微妙にルールが違うのでややこしいです。マネックス証券のIPOルールを教えて下さい。

サラリーマン 峰部長
サラリーマン
峰部長

マネックス証券は、IPO投資に必須の証券会社ですので解説しますね。主幹事こそ少ないものの、かなり多くの幹事数を誇るIPOに積極的な証券会社です。未成年口座も開設できて子供たちも抽選参加可能ですよ。ぜひ口座開設しましょう。

今回のブログ記事を読むことによって、IPO投資に必須な「マネックス証券のIPOルールと特徴」について理解を深められます。

筆者はこんな人

上場企業の部長職。40代。健全な家計と豊かな資産を形成をするために、マネーリテラシーを高めて成果を最大化する事を常に考えています。
IPO成績 2016年~3年間で、IPO 累計利益787万円 当選数38件
IPO当選銘柄は全て初値売却をするmyルールによって、通算38勝0敗(勝率100%)
毎年の家族旅行はIPO利益を使って豪遊旅行をしています。
IPOから最高に恩恵を受けている私が丁寧に解説します。ぜひご参考になさって下さい。

最近の当選実績(SBI証券)

当選IPOを初値で売却し一瞬で53万円の利益計上!これがIPOの破壊力です

当選IPOを初値で売却し一瞬で53万円の利益計上!これがIPOの破壊力です !(^^)!

【マネックス証券のIPOルール】重点ポイントはこの特徴!

IPO取扱い件数

例年、新規上場するIPO株のうち「50%以上」の取り扱いがあり、IPO投資では無くてはならない存在です。

上場数
マネックス引受数
引受率
2017年
94銘柄
49銘柄
52.1%
2018年
95銘柄
53銘柄
55.8%
2019年
90銘柄
46銘柄
51.1%

個人投資家への完全抽選配分

◆なんと、個人投資家へのネットでの完全抽選配分の割合が100%です!
◆「機関投資家への配分」や「個人投資家への店頭配分」はありません。
資金力の有無とか取引回数の多さとか全く関係なし。完全な平等抽選方式です。

・この完全抽選配分の割合は証券会社によって異なります。
・完全抽選配分「10%」の証券会社が最も多い。
・マネックス証券は「100%」!この数字はすごい!
・ネット専用の個人投資家にとって「神」ですね!!

未成年口座の開設が可能

お子様がいらっしゃる方は「未成年口座」を開設しましょう。IPO株への申込みも可能です。家族全員でIPO投資に参戦すると当然、当選確率もアップします !(^^)!

ゆうちょ銀行からの即時入金サービス

これが他社には無いすごい便利なサービスなんです!

証券口座への入金時に銀行側のサイトでの手続きが不要
登録済みの銀行口座から数秒でマネックス証券へ送金できる
ゆうちょ銀行をハブ口座に使っている人が多いかと思いますが、ゆうちょ銀行からの即時入金サービスが利用できるのはマネックス証券だけ(2020年3月時点自分調べ)です。(※IPO申込に資金入金が不要な証券会社除く)
サラリーマン 峰部長
サラリーマン
峰部長

IPOで最も面倒な作業が資金移動。特に、銀行口座から証券口座への送金は、銀行側の面倒な認証など本当に面倒くさい。その手間を省ける、マネックス証券のこの即時入金サービスは本当に「神」です。他社にも追随してもらいたいです!

【マネックス証券のIPOルール】資金入金や資金拘束について

IPO投資では「資金入金が必要なタイミング」や「資金が拘束される(動かせなくなる)タイミング」などのルールが証券会社によって異なるので注意が必要です。以下、マネックス証券のルールを解説します。

ブックビルディング時点

ブックビルディング時、銘柄ごとに資金(仮条件上限額)の残高が必要です。
銘柄ごとに資金拘束されるため、同一資金で他のIPO株への申込みはできません

抽選時点

◆ブックビルディング時に資金入金済のため、抽選時点で特にやることはありません。
◆抽選結果が落選の場合、資金拘束が解け、他のIPO株へのブックビルディングに資金を充当できるようになります。

購入申込時点

当選 or 補欠当選した場合は、「購入意思表示」を行います
◆購入したい   → 購入申込 (資金拘束は継続)
◆購入したくない → 当選辞退 (資金拘束が解除されます)

上場時点

いよいよ上場日。(私の場合は)初値売却をします。
上場前に「成行」で売却注文を出しておきます。
◆上場後初めて価格が付いた際に「初値」で売却されます。
◆売却日から数日後 (受渡日と言います) 、売却代金が戻ってきます。

★関連記事 【IPO】儲かる理由は「売り方」にあり!(初値売りで勝率アップ)

まとめ

マネックス証券のIPOルールの特徴は5つ!

① 個人投資家へのネットでの完全抽選配分の割合が100%!
② 豊富な取扱実績(年間のIPO株の半数以上)!
③ 未成年口座でもIPO投資が可能!
④ ゆうちょ銀行からの即時入金サービスが手間が省けて最高!
⑤ 1銘柄申込みごとに資金が必要なためある程度の資金は必要!
マネックス証券は個人投資家にとって高い当選確率を期待できる必須の証券会社です!

マネックス証券の口座開設はこちら

マネックス証券の口座をまだ持っていない方は今すぐ申し込みましょう!
お子さんがいらっしゃる方は未成年口座も申し込めます。未成年口座があると、家族の人数分、当選する確率を上げることができるのでとっても有利ですよ !(^^)!

未成年口座についてはこちらの記事も参考にして下さい。
★関連記事 IPOの当選確率を上げたいなら未成年口座を開設しよう!

サラリーマン 峰部長
サラリーマン
峰部長

最後まで読んで頂き、ありがとうございました!!
今後も有益な記事を書いていきますのでフォローお願いします!

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました